エアー免震システム

  1. トップページ
  2. エアー断震システム

地震が起きても揺れない、宙に浮く家エアー断震システムQ&A

エイショウハウスではエアー断震の家を作ることができます。 エアー断震は地震が発生すると宙に浮くので建物がほとんど揺れません。 さらにエアー断震は建物の形を選ばず、従来の免震装置の約半額で設置可能です。

 

エアー断震(浮上体験)

エアー断震(浮上体験)

 

宙に浮く家 ユーザーレポート

宙に浮く家 ユーザーレポート

エアー断震の仕組み

エアー断震装置(断震装置)は、地震が起きた時に瞬時に家の基礎上盤部分を約25ミリ浮かせて地面からの地震の揺れを伝えにくくする今までにない新しい免震装置(断震装置)です。 この動作の原理は、タンクに貯蓄してある空気を建物の底盤と基礎上盤の間に送り込み、建物全体を浮上させることによって地震による底盤の揺れを吸収し、建物への揺れを伝わりにくくするものです。

エアー断震の特長

POINT1 地面の揺れを1/10以下に軽減

地震の揺れは、空気までには伝わりません。 エアー断震は、地震の揺れを察知すると、瞬時にホバークラフトのように基礎上盤を浮かせて地震の揺れを建物に伝えにくくし 揺れを1/10以下にすることができます。タテ揺れの地震に対応できる唯一の地震対策です。

POINT2 導入費用は約半額

工事費用は一般的な免震工法の約1/2、さらにエアー断震住宅なら何度地震が起こっても建物の構造自体が損傷を受けることもほとんどないという利点もあります。

POINT3 設置条件を選ばない

エアー断震は、免震装置では導入が難しい土地・建物でも設置が可能です。また、体育館ぐらいの大規模な建造物でも設置でき、空気の力で簡単に浮かすことが可能です。

他の工法との比較

  耐震 制震 免震 エアー断震
特徴 地震の揺れが建物に直接伝わり家は壊れないが上階の揺れは増幅され家具などは転倒し被害を受ける。 地震の揺れが建物に直接伝わる為一回部分への効果は薄い。上階の揺れは増幅されない。 建物と基礎の間に免震層があり、揺れが建物に直接伝わらない為、家具の転倒や損壊も防ぐ。 空気で建物全体を浮上させることで地震の揺れを吸収。家具の転倒や損壊も防ぐ。
建物のゆれ なし
大地震の建物損傷 震度6で倒壊の可能性あり 倒壊はないが家にヒビが残るなどの損傷はあり 倒壊も損傷もなし 倒壊も損傷もなし

設置の手順

  • step1

    ご相談

    お客様の家づくりの夢と希望をお聞きします。

  • step2

    敷地調査

    道路・隣地・水道・電気・ガス・敷地の高低差や法規制等を細かく調査致します。

  • step3

    プラン・仕様の打合せ

    納得のいくまでのプラン・仕様のお打合せをします。トステムショールームで実物をご確認ください。

  • step4

    敷地調査

    建築工事請負契約書を結びます。

有限会社エイショウハウス

〒591-8002
大阪府堺市北区北花田町2丁28番地(昭栄ビル1階)

  • 0120-29-5315
FAX 072-251-1531
E-MAIL kaitekiya@eishou-house.co.jp
  • メールでお問い合わせ
facebook